イベント

千鳥ヶ淵公園の桜2019の開花予想と夜桜のインスタ映えスポットは!

千鳥ヶ淵の桜もなかなか見ごたえがありますよね。連日多くの観光客や平日のサラリーマンなどが楽しんでいます。

こんにちわ!Kazumakiです!

今回は、千鳥ヶ淵公園の桜をピックアップしてお花見や開花予想などを交えて書いていきたいと思います!

 

千鳥ヶ淵は、最寄駅から5分の距離にある、都内でも有数の桜の名所です。皇居西側の千鳥ヶ淵と英国大使館に挟まれる場所に位置し、ソメイヨシノやヤマザクラなど約170本の桜が花咲いています。
水面に映る桜の姿も美しく、仕事帰りに立ち寄るビジネスマンや花見を楽しむカップルなど、連日多くの見物客がたえません。
花見は区画の指定や火器類の使用禁止などルールが決められているのでそこは要確認、要注意です!

そんなわけで題しまして「千鳥ヶ淵公園の桜2019の開花予想と夜桜のインスタ映えスポットは!」

ではいきいます!

桜の開花はいつごろ?

千鳥ヶ淵公園は都内でも人気のお花見スポットですね。
開花は3月下旬~4月上旬ですので23日あたりが開花してくるころと思われます。

北の丸公園など隣接していて、お花見を楽しめるスポットです。
アクセスも良く散策にも持って来いの場所ですね。

ボートに乗ってお花見することも可能で、水上からの景色も見ごたえがります。

開花予想 3月23日頃
五分咲き 3月29日~30日頃
満開 3月30日~31日頃
散り始め 4月4日~5日頃

ソメイヨシノやオオシマザクラの約260本の桜並木あります。
皇居のお堀をピンク色に染めるのは散り際でないと見れません。

混雑状況は?

日本全国から多くの人々が訪れますので年間100万人以上と言われています。
特に土日はヤバいくらいに賑わっています。

午前中は10時ごろ、午後は15時ごろが混み合うそうですね。それでも混み合ってますが笑

そして人気なボートでのお花見です。デートにはもってこいですね!
ボートはお花見時期が過ぎても利用できます。
お花見中にボートに乗ったら、桜の花びらが舞う中ゆるりと漕いでいく。なんてことができいますね。そんなデートはワクワクしますよね。

ボートは午前9時~20時30分まで
定員2人(最大3人)
乗船時間は30分
料金は800です。
定休日はありません

ライトアップは何時から?

日没(18:00頃)~22:00

3月下旬~4月上旬のさくらまつり期間中に千鳥ヶ淵緑道にてライトアップを行っています。

ライトアップ中もボートは営業していますのでお花見しながら夜の水上デートも楽しめます!

ライトアップの時間は混雑状況にもよりますがあまりにも混雑した場合には、入場制限がかけられます。
公式サイトに半蔵門側から九段下に進むように記載されておりますので、あまりに混雑した場合はそちらを参考に見てみてください。

 

「公式サイト」千代田区観光協会さくらまつり

 

インスタ映えスポットは?

インスタ映えはめちゃくちゃありあります!
探さなくても花見時期はどこでもインスタ映えかもしれません笑

 

 

 

素敵ですよね!取り方次第でどこでもインスタ映えです笑
でも慣れていないとうまくいきませんね。

簡単にインスタ映えを意識した撮影をしたい場合はやはり夜ですね!
川の淵にせり出すような桜は撮影していて楽しいですよ!

ボートの上から見上げるようにとっても素敵ですね。ボートに乗れなかったら、その付近などから撮影できますので探すのも楽しいかもしれません。

 

屋台はある?

屋台はありません。露店なども出ていません。

千代田まつりが開催されていますので、飲食はそちらで購入できます。
ですが、千鳥ヶ淵緑道は宴会も喫煙も禁止区域ですので持ち込んでしまった際はご注意ください。

2019年 千代田のさくらまつりは、2019年3月27日(水)〜4月7日(日)に開催します。(開花状況により変更になる場合があります)
さくらまつり期間中は、全長約700m・さくらの名所「千鳥ヶ淵緑道」のLEDライトアップや、お濠の水上より夜桜を堪能できる「区営千鳥ヶ淵ボート場」の夜間特別営業などを実施します。周辺の靖國神社では、様々な催事が催され出店が立ち並び賑わいます。
また各地で商店街や団体などによる関連イベントも催されます。車窓から千鳥ヶ淵周辺の桜を楽しめる無料周遊バス「さくらカルガモ号」や、まちを周遊する無料シャトルバス「丸の内シャトル さくら祭り号」も特別運行いたします。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?千鳥ヶ淵公園のお花見について書いてきました。
昼も素敵ですが、ライトアップのある夜も楽しいそうですね!
散り際の川に浮かぶ無数の花びらなんて是非見てみたいです!

お立ち寄りの際は、混雑や注意事項をよく読み最大限楽しみましょう!

ではまた!