ギター

ギターシールド、ピック、選び方や考え方!

こんにちわ!塩 かずまきです。

今回はシールドやピックについてピッキングについて、思考を混ぜながら書いていこうと思います。どちらも結構悩んだりしますよね。各メーカーの考え方やサウンドへのアプローチの仕方は本当にさまざまあって買う僕らからしたら選び放題悩み放題のワガママしまくりです笑

・シールドって何がいいのか?LIVEは?レコーディングは?

・ピックはどのように選ぶのか?どんなピックがいいのか。

・ピッキングとは?

ではいきます!

 

シールドは場面で選ぶ!LIVEとレコーディングで差をつけろ!

場面で選べなどとたいそうなことをいいましたが笑 LIVEとレコーディングでは違うこだわりを持つということです。LIVEはいかに魅せて、いかに引き込ませるこれがバンドマンだったら考えることだと思います。LIVEではLIVEのセッティング(機器全てにおいて)レコーディングはレコーディングのセッティング。聴かせる、聴いてもらう部分が違うので明確に差をつけましょう。
正直LIVEだったら何でもいい。この何でもいいとは、LIVEに集中できるセットであれば何でもいいということです。自暴自棄のような諦めの入った意味ではないですよ笑 気持ちいい音が出せて、LIVE中の取り回しも楽で、ストレスのないセッティングということですね。

おすすめは、ベルデンかプロビデンスのシールドです。理由はどちらもコストパフォーマンスにそこまで悪くない価格で買えるからです。特にベルデンは中音域をよく強調してくれるのでこれはLIVEでもレコーディングでもどちらでも行けちゃうと思います。

僕の場合レコーディングはPCに繋いでアンプシミュレーターを使うことが多いのでプロビデンスのシールドで低音を少し強調しています。PCレコーディングだからできる迫力のある音に仕上げます。レコーディングスタジオを使う場合はEXProをお勧めします。
良い意味でフラットとても気持ちよくでます。スタジオを使うと空気間のあるレコーディングになるのでワンランク上のシールドでクオリティの高い音源を目指しましょう!

次行きます!

 

ピック選びは自分の意識と理解!

本当にこれは千差万別であくまでも僕の視点なので参考までに読んでみてください!

ピック選びで講師の先生やプロのギタリスト、プロミュージシャンで多く言われていると思いますが、オールラウンドに対応できるピックは1.0mmです。なぜなら、一番コントロールし易い硬さだからです。
ピックは厚みが増すごとに弦と弦の間が当然ながら狭くなります。弦に触れる時のタッチも軽くて済みますし、指先の延長みたいな感覚で動かせるのです。

 

ただここで間違えないでほしいのは、一般的な良い音と自分が出したい音とは別物です。

 

まず考えないといけないのは、こういう音を出したいからこのピックで体はこう使う。と自分の中で模索する必要があります。良い音というのは一般的に言われるのが歪んでない音です。でもそれは多くの人がそう言い始めそのように定着してしまったにすぎません。
そこに合わせる必要はないのです。合わせる視点は常に自分自身の意識です。他人の意識ではありません。
まず自分の意識と体の動きを理解しましょう。そして、ギターにはそのギター特有の振動があります。そのスイートスポットを探すのも必要なことです。
そのギターのスートスポットと自分が出したい音とマッチした時がそのギターを最大限理解できるのです。

 

僕はJimdunlopの0.88mmを使っています。音の太さや歪み方クリーンの出方も今のところ一番丁度いい硬さです。ピックは硬さ厚みが増していくにつれ音が大きくなります。
大きくなるということは低音が増し、高音が増えて歪んでいくということです。僕の弾き方ではあまり好ましくないのでミディアムのピックにしています。

次行きます!

 

ピッキングにコツなどない!

コツなんてありません。必要なのは意識をどこにフォーカスするか、自分の体はどう動いているのか、客観視し研究することです。
ひとりひとり体の使い方は違うので一概にこう!とは言えません。ただ、それを手助けすることはできます。
多くの教則DVDではリラックスと聞きます。リラックスって何?脱力って何?ギター始めたばかりの人がいきなりそれはできません。0の人が100の人から100を教えてもらっても急にはできないんです。
少しずつ多くの1を積み重ねることです。速弾きやバッキングで力んではダメと言いますが、力んでいいんです!むしろ力め!力まないとそれに必要なだけの筋肉が作れません!
少しずつ筋肉が付き少ない力で最大限の効果を発する事が出来るのです。こればかりは諦めないで続けるしかありません。いきなり100にはなりませんので。

アンプ、エフェクターの話も書きましたが、何かに迷っているなら道具に頼ることなくまず自分を整えましょう!意識を理解し、体を理解し、リラックスとは脱力とは。
肩の動きから腕の角度や手首の位置、首のリラックスとか意識したことありますか?肩甲骨も使えるんですよ?
体の芯から本当の本当に脱力ということをしたことがありますか?
それらを意識してみてください。少し何かかが掴めるかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は後半から意識について書いてみました。なにかの気づきになれば幸いです。
もう一つ言えることは多くの実践を積むとまた違う角度から気づくことが多いです。
武道、武術では100の練習より1の実践といいます。家でやるだけでなくバンドでなくてもジャムセッションなど多くの実践を積むことをお勧めします。

今日はこの辺で!ではまた!