音楽

機材紹介!エレキギターの仕様って何が違うの?

おざまーす♪塩ブログの塩 かずまきです。

今回は僕が使用している機材を紹介し、感想など書いていこうと思いますよん。

初めてのギター選びや、新たなサウンドを探し求めている方のご参考になれば幸いです!

 

ギター

・Gibson SG standard 2005年

・ESP random star

・バッカス Les Paul

アンプ

・mesa boogie  solo50

・ディーゼル ハーバート初期型

キャビネット

・mesa boogie 12×4 スラント型

エフェクター

・チューナーKORG

・Ibanez チューブスクリーマー(改造済み

・bose ノイズサプレッサー NS-2

・TC electronic ディレイ

・モーリス ワウ

・LINE6 POD HD500

midiスイッチャー

・フリーザトーン4チャンネル

パワーサプライ

・フリーザトーン

電源ケーブル

・オヤイデ電気TUNAMI

スピーカーケーブル

・Monster cable

シールド

・ベルデン

パッチケーブル

・自作

ピック

・jim dunlop トーテックス0.88mm

 

まず、ザックリ一覧してみました。

こう見るとエフェクターにあまりこだわりがないですねw

ここから一つずつ解説していこうと思います。

 

ギターの仕様別。塩ブログ視点の解説!

 

まずギターから

King of Guitar GIBSON

GibsonSG 2005

ギターの王道 Gibsonは誰でも一度は憧れますよね。多くの有名アーティストが使用しています。

このギターは14年使っていますw僕が19歳の時に買ったものですが、当時はハイスタとかメロコア系がすごく流行っていて、live houseに行くとみんなレスポールを使っていてどうしてもそれが嫌で、何かないかなと楽器屋さんに行ったのが出会いでした。

ただ、お金が無くて一時は断念。そしたら友達が10万で白のSGを買ってきやがった!!

「くそぉ~、絶対あいつより良いギター買ってやる!!!」と思いバイト代を全部注ぎ込み15万でSG standardを買いましたw

当時はSG最高!音気持ちいい~♪ってだけで細かなスペックはガン無視だったのですが、

SGのスペックを見ていくと

BODY:Mahogany

NECK:Mahogany

FINGERBOARD:Rosewood

P.U:490R+490T(Gibson Original HB)

WEIGHT:3.19kg

NUTWIDETH:43.1mm

24 3/4″ Medium Scale Neck

w/Softcase

と、なっています。僕が何が1番気に入っているかというと、このギターは一枚板で出来ているんです!

どういうことかというと、通常ギターは何枚かの板で構成されています。

ネックは3枚~5枚とか(3Pや5Pと記載されていますね)

2枚合わせてあってつなぎ目が見えたり、「ボディトップ・メイプル」とか聞いたことありませんか??あれは分割したマホガニーボディの上にメイプル板でを貼り付けてサウンドに明確な違いを出しています。

ただ、この Gibson SGにはそれが無い!

トップに何も貼ってないし、何枚かで構成されているわけでも無い!

たった一枚の材質からボディを削り出している!

 Gibsonは製造当初SGをLes  paulと呼んでおり、コスト削減のため一枚板で作り始めたそうです。

そこから名前をSG(solid guitar)としたそうですね。うろ覚えですがw

今はワシントン条約で縛りがあり、当時のマホガニー材も指板に使われているローズウッド材も手に入らない!

薄型のボディはとても鳴りが良いのです!

中音域の抜けが良いのです!

余計な低音も高音も無い!

そして、サウンドは超ROCK!歪む!JCM800(リンク付き)のアンプと組み合わせたら凄く刺さるサウンドになります! 

2000年前後のモデルをお勧めしますよ!

その頃のマホガニー材を使ったギターはもうなかなか手に入らないので。ただ1960年代に生産されたものは希少価値ゆえにとても高価な値段がついているのでお財布に余裕のある方はどうぞww200万くらいするのかな??w

僕はこのSGで十分。

知り合いのギタリスト(その人はダークトランキュリティーからヨーロッパのツアーサポートの依頼があったバンドに所属していた)

「このSGの音メチャクチャ良いね!」と評判が良かったw

誰に何を言われてようと一生使う一本です。

 

次に僕が使用しているのが

日本最高峰のギターメーカーESP!

最近、使用している海外アーティストが増えてきていますね。

特に新シリーズで出したE-Ⅱシリーズが人気のようです。

なぜなら、ESPオリジナルと材質にあまり差が無い上に安価で手に入るから。

以前はこの真ん中のスペックのギターを製造していなかったのですが、USA企画で発売されました。製造は日本なので間違いのないジャパンクオリティですよ。

僕が持っているのは、Gus.Gのシグネチャモデルのランダムスター。何が良かったって?

「弾きやすさが異常」

Ibanezとかも持っていたけど、今まで触ったギターの中で最も握りやすく最も弾きやすい。

サウンドも秀逸。どれも満遍なく出る!

で、スペック

BODY:(Top) Flame Maple (Back) Alder

NECK:Hard Maple 3P

FINGERBOARD:Rosewood

P.U:(Neck) Seymour Duncan SH-1n 

       (Bridge) Seymour Duncan SH-6b

こんな感じです。

ボディはアルダー材ですね。アルダー材はマホガニー材と比べて軽くlive中の取り回しもしやすいですし、重みで肩が痛くなったりするのも比較的少ないです。粘りのある抜けの良いサウンドなのでフェンダーストラト、テレキャスに使われることが多いですね。

皆さんは日本メーカーESPをどう思っているのでしょう?

僕が楽器屋さんや人から聞く印象が全て同じなのです。なぜ?というくらい同じことをみんな言っているんですよ

それは

「良い音だけど個性がない」「ビジュアル系が使ってるやつね」「高いだけ」

これを凄く聞くんですよ。

口裏合わせでもしてるの?w

個性がないんじゃない!とんでもなく優秀でなんでも出来ちゃう優秀故にどこかつまらないかも?と感じてしまっているだけ!

そこにあなた自身の個性を乗せたらいいだけよ!それだけで全然ちがうから!

ピックアップは高出力のディストーションだから歪む歪むwメタルやるならもってこいのピックアップですよ。

個性が~とかビジュアル系が~とか聞いたそれだけ判断しませんか?

ちゃんと楽器屋さんで弾いたことありますか?

ネット情報に踊らされてませんか?

しっかり自分自身で弾いて聴いて感じていますか?

周りがこう言ってる皆んなこう言ってるからそれが正しい。ではなく、方は貴方自身が正しいと感じたことが正しいのですよ。

ESPはクセがなく本当に使いやすい素晴らしいギターですよ。いやマジで本当に。

 

長野の工房ディバイザーで作成されてるハイクオリティギターBacchus

長野はギター工房が多いですね。

世界屈指の技巧ギターIbanez生産のフジゲンも長野ですね。

ディバイザーは GibsonのコピーモデルのBacchusやMomose、headwayなど生産していますね。

日本生産と海外生産で分けているようです。

最近は桜の木を使ったギターを生産してそれを推してるみたいです

Bacchusはディバイザーの工房まで遊びに行きました。

作る工程、職人さんの話など聞いて、弾いて、購入しました。

色々とラッキーな話が重なりなんとオーダーで作ってもらいました笑笑

作ってもらったのはLes paul白のゴールドトップでピックガードは無しにしてもらいました。

ネックはディープジョイント仕様です。

スペックは

BODY:Mahogany

NECK:Mahogany

FINGERBOARD:Ebony

PICKUP:Seymour Duncan Ahb-1 n/b

アクティブタイプのギターを持ったことがなかったのでこのLes paulにはダンカンのアクティブを載せました。

なかなか悪くないんですよ。

ディープジョイントでサスティンが増してる上にアクティブピックアップなのでさらにサスティン増しで歪み成分をキメ細かいので立体的な歪みでソロ弾いても気持ちいい仕様になりました。

ただ、今はピックアップは外してしまってかなり可哀想なことになっていますが。

以上で僕の持っているギターの紹介です。

まとめ

ギターはその材質、形状、セッティング次第で幾通りも音が変化します。自分に最適な音を探すのはどれだけ突き詰め追い求めたかで変わってくると思います。

興味のあるギターを見つけたらとりあえず楽器屋さんに行って触ってみることです。自分に適したギターが必ず見つかります。

僕は19歳の時に見つけましたが、今も欲しいギターは山ほどあります。

 

次回はアンプとその周りの機材を紹介しようと思います。

ではまた!